社員インタビュー02

男性/30代/営業職

念願だったマイホームを購入したばかりの新米パパ社員。
仕事もプライベートも着実に基盤を固めつつある今日この頃。次に狙うは主任のポスト!?

主な業務内容はなんですか?

得意先である食品メーカー、食品問屋を定期訪問し、食品原料・食品添加物等を紹介する提案型のルート営業です。
お客様のニーズに応えることはもちろん、こちらから注目されるであろう面白い商材をいち早く提案し仕掛けていく事にも力を入れています。
また、取扱う商品は数えきれないほどたくさんありますので日々の商品知識の勉強も必要です。

得意な分野はなんですか?

調味料と果汁、そしてもちろん食品添加物です!
つゆ・たれメーカーや乳業メーカーが得意先に多い為、食品素材(野菜や果汁等)を取り扱うことが多くあります。
お客様は甘くしたい、酸っぱくしたい、賞味期限を延ばしたいなど、日々製品を良くしようと改良を重ねています。
そんなご要望に沿った商材の提案を重ねることで、自分の知識を増やす事が出来ます。
気が付くと自然と得意分野になっていると思います。

仕事をしていく中で、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

私が提案した商品がお客様の新製品の原料候補として組み込まれ、企画から実際の製品になるまでをお客様と共にひとつひとつ進められる事がこの仕事の醍醐味です。
もちろんその製品が店頭に並ぶ時の喜びと達成感はとても大きいものです。
「お客様の要望に合ったものを、すぐに紹介できた。」「以前の自分はここまで効率良く仕事は出来なかった。」などと、ふとした時に思い、自分の成長を感じる時などは、やりがいとともに嬉しい気持ちにもなります。

神田物産の良いところはどこでしょうか?

神田物産は70周年を迎える老舗なので食品業界での知名度が高く、「神田物産」の看板は我々若手社員にとってはとても大きな武器です。新規の取引先様からも「神田物産知ってます」と言っていただく事も多く、初めてお話しする際もスムーズに進めることができて仕事をやり易いと感じます。
その他にも出張・視察・研修等で、国内・海外問わずいろいろなところへ行くことが出来ます。最近では仕入先の工場視察の立ち会いで初めての海外、中国へ行かせて頂きました。海外での経験は大変勉強になり、自分の視野を広げることが出来ました。この様にグローバルに活動できる事は弊社の強みです。

今後の目標を教えてください。

私が担当してる得意先では神田物産の納入する原料の比率がまだまだ低いケースも多いので、使用量の多い基礎的な原料を使用して頂き、シェアを取れるように担当者様との関係作り、商品勉強に力を入れていきます。
産まれたばかりの可愛い娘の為に営業の成績をどんどん上げて沢山お給料やボーナスが頂けるように頑張ります!

神田の美味しいお店をどれくらい知っていますか?

僕は神田の美味しいお店を「10軒」知っています。

その他のインタビューを読む